・ソ 海洋葬はどういう状況の下で散骨しているのか

海洋葬はどういう状況の下で散骨しているのか

繝舌リ繝シ

海洋葬はどういう状況の下で散骨しているのか

子供にお墓の管理などの手間をかけさせたくない、生命の生まれる期限とも言える海に還りたいなどそれぞれの理由から海洋葬を考える人が増えています。散骨会社によっては生前予約も可能になっているので、本人の意向で申し込むケースも少なくはありません。

遺骨の汚れを落としてパウダーにしてから散骨を行い、その後で故人との別れとして簡単なセレモニーを執り行いますが、これら一連の行為がどのような状況下で実行されているのかは海洋葬の存在を知っていても詳しくは把握していない人が多いのではないでしょうか。



海洋葬は散骨する時の状況で複数にタイプ分け出来ます。

そのタイプごとにプランの価格も変動します。

個人散骨はその故人の遺族や友人など、その人にゆかりのある人だけを船に乗せて散骨を行うものです。
同じ船の中に他の海洋葬が同時に行われることが嫌な人や、最後の別れがしにくくなると感じる人向けのタイプです。



その遺族の為だけに船を出向させるので料金は合同散骨や代理散骨よりも高くなります。

複数の遺族を同じ船に乗せる場合は合同散骨と呼びます。

他の遺族とは適度にスペースをあけてくれますし、セレモニーも遺族ごとに時間の間隔を空けて行われるので、他の遺族たちのことを気にしないで散骨とセレモニーを実行できます。

個人散骨や合同散骨は遺族が実際に海まで出向きますが、散骨会社に一任して、遺族本人は散骨された証明書とアルバムを後日受け取るタイプは代理散骨と呼ばれています。最も遺族にとって楽なのはこのタイプです。



Copyright (C) 2016 海洋葬はどういう状況の下で散骨しているのか All Rights Reserved.